ノーザンパシフィック航空 について

ノーザンパシフィック航空の最新情報を受け取る

旅行業界の新たな時代を切り拓きます。 ノーザンパシフィック航空は、アンカレッジ経由で米国とアジアを結び、西洋と東洋をひとつにつなげる国際線サービスを政府承認を経て開始します。

当社について

新しい路線の開拓

長距離路線に新規参入する航空会社として、ノーザンパシフィック航空はアラスカ州アンカレッジ経由で米国内の様々な空港と東アジアの都市とを結ぶフライトの運航を計画しています。ニューヨーク州、フロリダ州、カリフォルニア州、テキサス州、ネバダ州の各都市と、日本と韓国の都市とをアンカレッジ経由の北極ルートで直接結ぶ予定です。

お客様のためにより良いサービスを

ノーザンパシフィック航空は旅行者の皆様に素晴らしいサービスを提供します。テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港では国際線ターミナルの出発ゲートと到着ゲートを活用し、最上級の利便性を実現します。

切り拓く アジアへの新たな道筋

航空会社の仕事は「乗客を目的地に届けること」だけではありません。 ノーザンパシフィック航空は、人と場所をつなぐ新たな架け橋となることを目指しています。米国を韓国と日本に結び、東アジアの美しい観光地や何千年もの歴史を持つ豊かな文化への扉を開きます。

切り拓く 米国への新たな道筋

米国内には多様な魅力あふれる場所が数えきれないほど存在します。ブロードウェイのきらびやかなイルミネーションから、ワイルドなトレッキングコースまで、まさに多様性そのもの。ノーザンパシフィック航空では、米国内の大都市だけでなく地方の都市にも航路を設ける予定です。

切り拓く アラスカ経由の新たな道筋

ノーザンパシフィック航空の北極ルートは、アラスカ州アンカレッジ経由で西洋と東洋をひとつにつなげる、革新的な航路となります。米国最北端に位置するアラスカ州は観光地としても大きな魅力があり、お客様に多彩な旅や体験を提供します。

当社について

小さなこだわり 大きな存在感

当社の航空機

ひと目でわかる 特徴的なデザイン

ノーザンパシフィック航空のボーイング757は、大胆なカラーリングと鮮やかなグラフィックが群を抜いて目を引きつけます。モダンな機体のデザインは、北極のオーロラ、氷や雪をイメージしています。

当社の航空機

大胆に、 空へ

ノーザンパシフィック航空は、燃料効率や航続距離、そしてメンテナンス性能のすべてにおいて定評のあるボーイング757-200ナローボディ機を採用します。この航空機は乗客マイルあたりの運用コストを20%低く抑えることができ、また航続距離は4,000マイル(乗り継ぎなしでアジアまで飛行可能)、さらに最大200名の乗客を運ぶことができます。

優れた操作性能

ボーイング757を「スポーツカー」と呼ぶ パイロットが多くいますが、そのわけは軽量で 操作性に優れているからです。

大きな主翼

ボーイング757の主翼の面積は 1,951平方フィートで、 寝室が3つある家の 床面積と同じくらいです。

豊かなスピード

ボーイング757の最高速度は 時速609マイルに達します。通常の巡航速度は 時速500マイルです。

卓越したエンジン

パワフルなエンジンを搭載した ボーイング757は、比較的短い 滑走路でも離陸可能です。また標高の高い場所でも 優れた性能を発揮します。

素晴らしい航続距離

ボーイング757は、 満席かつ貨物を載せた状態で 2,200海里の大陸横断飛行 (例えばボストンからサンディエゴまで) が可能で、それでもまだ 燃料には余裕があります。

経営陣

取締役チーム


トム・シェイ 社長

ロブ・マッキニー CEO

レナード・ムーン CFO

ジョシュ・ジョーンズ 会長

経営陣

経営チーム


デイヴィッド・テンプル フライト運航担当副社長(ボーイング)

スティーブン・プルイット メンテナンス担当副社長(ボーイング)

ジョエル・ローズ 品質管理部長(ボーイング)